今日もガサガサ日和 Vol.38 プレゼントに川の絵本をどうぞ 3冊目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスプレゼントシリーズ、今回は装丁もカッコイイこの本です。

川の図鑑  (東京書籍 刊)

img_8594

最近見つけたこの本、まず何が良いかって装丁がカッコイイ。帯がかかっているとあまり伝わらないかもしれませんが、帯を外すと感動です。

img_8596
帯に隠されていたのは鱒と鯉のイラスト。川でガサガサして魚を見つけた時のような感動がありますよね。そしてそして、カバーを外すと、

img_8595

あの隠れていた魚たちが、箔押し加工されている!! いやー興奮しますねぇ。装丁って、結構大事なポイントだと思うのです。中身が伴っていないのは論外ですが。。CDのジャケ買いに通じるものがあります。

絵筆のタッチが程よく残る

img_8597

帯に「オールイラストレーションによる初の画期的図鑑」とあるように、紹介されている生き物は全てイラスト。川の上流部から次第に降ってくるスタイルで進みます。冒頭は鱒科の魚たち。緻密な写実画というわけではないですが、絵筆のタッチが程好ま残って温かみがありますよね。それでいて特徴をしっかりと掴んでいる。

魚だけじゃない

img_8598

川には魚だけが棲んでいるわけじゃありませんし、川は水が流れているところだけで成立しているわけじゃない。他の環境、他の生き物がそれぞれに緩やかに連続して、関係して初めて成立する。

この「川の図鑑」が良いのは、その観点をしっかりと持っていることだと思います。

img_8599

img_8600

魚だけではなく、巻貝、二枚貝、水草、水鳥、水生昆虫まで網羅しているのです。フィールドごとの特徴を捉えた図鑑は、あるようで中々ないんです。魚は魚だけ、鳥は鳥だけ、というように。連続して関わりあって生きていることを理解するには最適な本だと思います。

「図鑑」というだけあって、解説もしっかりしています。オススメです。

伊藤 匠

こちらから購入できます

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ



PAGE TOP