渓流釣りをはじめてみたい!お手軽なテンカラ釣りで渓流デビュー

2016年6月24日
テンカラ釣り

手軽にはじめられるテンカラ釣り

a0007_001377_m

渓流釣りをはじめてみたい!

いざそう思っても

「どんな釣り方がいいの?」

「何を揃えたらいいの?」

そんな疑問を持つ方も多いと思います。

そこで今回、道具も少なく手軽にはじめられるテンカラ釣りという釣法をご紹介したいと思います。

 

テンカラ釣りってどんな釣り?

まず、テンカラ釣りとはどんなものなのか。

テンカラ釣りはリールなどを使わず、釣り竿と釣り糸と毛鉤のみという、いたってシンプルな仕掛けです。

リールを使った釣法が主流の昨今、やや原始的なイメージを持たれるかもしれませんが、シンプルな仕掛けとは裏腹にテンカラ釣りは、奥が深く、そして歴史のある伝統的な釣りなのです。

 

釣りにも様々なジャンルの釣り方があります。

その中でも、浮き釣りやルアーフィッシングなどが有名ですが、

浮き釣りは待つ釣り。

ルアーフィッシングは攻める釣りなどと呼ばれています。

特にルアーフィッシングはスポーツフィッシングとも言われていて、お子様から女性まで幅広い層で人気の釣りです。

その人気の一つの要因として、ミミズやゴカイなどの生餌を使わないというのが大きいようです。

今回ご紹介しているテンカラ釣りも生きた餌は使わず、毛鉤という羽虫をイメージした疑似餌を使用するので、川虫やミミズのような生き餌が苦手で触れないといった方でも安心して楽しむことができます。

テンカラ釣りもルアーフィッシング同様、攻めるタイプの釣りで、魚のいそうなポイントへどんどんキャストを繰り返していくというスタイルの釣法です。

 

テンカラ釣りで釣れる主な魚

テンカラ釣りで狙えるのはどのような魚なのか、ですが、

主にイワナやヤマメ、アマゴなどのマス類となります。

amago_4

この魚はアマゴという渓流に住む魚で

「渓流の女王」

なんて呼ばれたりしています。

模様がとっても綺麗で、テンカラ釣りをはじめ、フライフィッシングなどでも人気の魚です。

 

テンカラ釣りの仕掛けはこんなにシンプル

さて、ではテンカラ釣りの仕掛けですがこのようになってます。

tenkara_levelline_tackle

引用:DAIWA テンカラWeb site

 

テンカラ釣り専用の竿に、フライフィッシング用ライン、ハリスに毛鉤と、いたってシンプルです。

テンカラ釣りはフライフィッシングのようにライン(釣り糸)の重さを利用して投げるので、専用のラインを使います。

テンカラ竿ですが、最初のうちは安価なものでよいでしょう。

毛鉤はラインが切れてしまった時などのために何種類か用意しておきましょう。

 

テンカラ釣りの基本的な釣り方

基本的な釣り方をご紹介します。

まず、繰り返し竿を振って狙ったポイントへ毛鉤がいくように空中でラインを操作しキャストします。

狙うポイントですが、流れが比較的緩やかな場所を目安に。

a0007_001444_m

流れの強くなっている真ん中ではなく、岩陰などにより緩やかになっているところを狙います。

魚達は川の流れに逆らう方向を向いて川虫などが流れてくるのを待っているので、それをイメージして狙っているポイントのやや手前にキャストし、川の流れによって自然と漂わせるイメージです。

 

テンカラ釣りに限ってではないのですが、最も難しいとされているものがアワセです。

アワセとは、魚が毛針をくわえた瞬間に竿をあおり魚の口に引っ掛けることを言います。

浮き釣りなどでは、浮きを見ていれば魚が食った瞬間を確認しやすいのですが、テンカラ釣りは浮きがないのでアワセの難易度は高くなります。

キャストした毛鉤を注意深く見て、水中でキラっとしたものが見えたり水面が盛り上がったりした時にアワセてみましょう。

難しいですが、そこがまたテンカラ釣りの魅力の一つであると思います。

たまにアワセなくても元気のいい魚の場合、勝手に掛かってしまう時もあるのですが、やはり勝手に釣れるのと自らアワセて釣ったのとでは喜びも違ってきます。

釣れたではなく釣った

そちらの方が断然、面白くて嬉しいですよね。

何より逃がさずキャッチできた時の喜び、まして初めて釣った魚だった時なんて喜びもひとしおです。

一生の思い出として残ることでしょう。

0322cm12-4-25

 

渓流釣りデビューはテンカラ釣りでいかがでしょう

必要な道具も少なく、気軽にはじめられ、テンポよく釣っていく釣法。

それがテンカラ釣りです。

「渓流釣りをはじめてみたい!」

そう思っている方、

テンカラ釣りで渓流釣りデビューしてみませんか。

 

a0007_001412_m

渓流という大自然は、素晴らしい景色や鳥の鳴き声、綺麗な空気、

そして美しい魚達と触れ合ったりと、五感全てで感じ、楽しめる空間です。

また、大自然であるが故に事故なども起こりやすい場所でもあります。

安全には最善の注意を払って、そして自然を汚さないよう渓流を楽しみましょう。

それでは良い渓流ライフと良いテンカラ釣りを!

Takahiro.s

P.S
ちなみに、2016年7月から京都、愛知、群馬の漁協で遊漁券がネットで超簡単に買える『つりチケ』がリリースされました。
これで、朝早く行って店が開いていなかったり、販売所に寄る時間が余分にかかってやきもきすることもなくなり、釣りに時間一杯使えますね。
tsuri-tickets_banner_250_250
販売してほしい漁協も随時リクエスト受け付けていますので、どしどしご連絡ください。
その声を漁協に届けます。

スポンサードリンク


お知らせ



PAGE TOP