【川遊びマップメンバー紹介】 7回目 三沢良太さん(通称:三沢プロ)

2014年9月29日
トピックス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、川遊びマップ アプリ担当の國枝です。

川遊びマップメンバー紹介も、7回目。私の方から、三沢良太さんを紹介致します。

と、まあ、7回目を迎えたってこともあるんで、そろそろ手法を変えて、対談形式なんか面白いかなーとか思ったわけですよ。
てなわけで、お仕事中の三沢良太さんに突撃したいと思います。

では!

(がちゃ:扉を開ける音。なお、MyCafeに扉は無い)

三沢プロ

國枝(以下 くに):三沢プロお疲れさまです!
三沢さん(以下 プロ):なんですかいきなり
くに:(うお。もしや、微妙に不機嫌?)
あ、いえ。他己紹介の依頼をさせていただいた國枝です(思わず敬語)
プロ:ああ、昨日、ミーティングで話されていましたね
くに:ええ。もしよろしければ、お時間をちょっと、頂いたりなんかしちゃったりして・・・
プロ:ちょっと待っててください。切りのいいところまでやっつけますから

(もくもく、、もくもく、、)

IMG_1705

くに:(寡黙だ・・・この辺りが、CWPメンバーから「プロ」と呼ばれる由縁・・・か?)
プロ:終わりました。
いや、GAEのXXXXXが、YYYYYで、JNAFGM’&”5A!`@で、苦労しましたよ
くに:ほ、ほう?(せ、専門用語が・・・)
プロ:だいたい7&%”‘9s7317が、ghhwnq;da@@で・・・
(5分経過)
プロ:わかります?
くに:いえ、さっぱり

海外渡航経験もある

くに:それにしても、この夏公開された川遊びマップのWebと、アプリのサーバー側のプログラムは
ほぼ三沢プロが作られたんですよね。
前に、サーバーの管理画面見せてもらいましたが、Englishでサイト作られているから
僕にはサッパリ分かりません。
あのサーバーを使うシステムを、ずっとやっていたんですか?
プロ:何を言ってるんです
くに:?
プロ:あれは、CWPに合流して初めて触り始めたんですよ
くに:ええっ?!
プロ:まあ、公式のドキュメントは結構読みましたけどね
くに:公式のドキュメントですか?
これ、か・・・・・・日本語版がどっかに?
プロ:HAHAHA。そんなものないですよ
くに:な、なんだってー。まさか、英語ぺらぺーらさんですか
プロ:まさか、日常会話程度ですよ
くに:(くっ、自信がオーラとなって三沢プロを包んでいるようだ)
・・・その英語力は、大学とかで勉強していたんですか?
プロ:大学なんて行ってませんよ。まあ、ちょっと海外留学しましたけどね。
くに:海外留学・・・どれくらいですか?
プロ:2年半ですね。オーストラリアの首都の
くに:シドニーですね!
プロ:キャンベラ
くに:おぅ・・・・

MyCafeは人のつながり

くに:そ、そんな三沢プロは、どうしてClearWaterProjectに参加することになったんですか?
プロ:たまたまですよ。
くに:たまたま・・・
プロ;ちょうど、瀬川さん達が働いている横のスペースで、別のプロジェクトを進めていたところ、
3月末から人が足りないと。まあ、そんな経緯ですね。
くに:へー。ってことは、前から、瀬川さん達とは交流があったんですね
プロ:いえ? そのプロジェクトチームのボス、森さんって言うんですけどね。森さんと瀬川さんと交流があって、
僕は、森さんから紹介を受けたって言う経緯です。
くに:なるほど(やはり寡黙キャラか)
プロ:まあ、ほとんど皆さんとは初対面で、苦労しました
くに:いやー。なんか、すっかり打ち解けてましたよ。
技術的なことから、なにから、ビシバシと的確な意見を言われるので、すごいなーと。
さすが海外渡航経験ありって感じですねー
プロ:(関係あるのか?)
くに:え?
プロ:いえ・・・

知恵のリンゴ

くに:そういえば、さきほどからずっと、何か持ってますね・・・なんですかそれ?
プロ:ただのリンゴですよ。

IMG_1688

くに:ただのって、木で出来てるじゃないですか?
ちょっと、見せてくださいよ。
プロ:どうぞ。
くに:へー。よく出来てますね。買ったんですか?
プロ:五月さんのお爺さんが作ったモノとか。
なんか、手にしていると、集中できるんですよ。
くに:分かります。木の優しさとか
プロ:何言っているんですか!
くに:へ?
プロ:アップルは最高芸術ですよ。(iPhoneをおもむろに取り出しながら)このデザイン。美しいと思いませんか?
くに:(うお。アップル信者だ)
プロ:それに比べて、糞ブラウザを出している、マイ○○ソフトとか、パクリのアンド○○ド。
やつらは、リンゴの足元にも及ばない。
ぼくは、そもそも論は嫌いなんですけど。
そもそも、マイクロ○○○も、GUIの部分は、アップルをパクったに違い無いと思うんですよ!
アップルのGUIの歴史は〜
くに:・・・・・・・

えーーーーーーーーーー。

そういうわけで、三沢良太さんとの対談でした。
自らのタスクに対して、計画を立てながら、また、広い視野を持ち、海外の情報をキャッチする力を持つ、アップル信者。

それが三沢プロ!

「彼ならきっと、難しいことや困難な依頼も、独力で解決してくれる」そんな期待が、プロジェクト内で「プロ」と呼ばれるゆえんのようです。

プロ:って、國枝さん聞いてますか!

あああああ、すいませんーーーー。

———- 終 ————-

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ



PAGE TOP