沢登り

2014年6月23日
沢登り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沢登りをする

P8050048th_

沢登は世間では ”シャワークライミング” と呼ばれ、一部の層から広く一般に普及すべくイメージアップを図っていますが、ほぼ同じものを指していることが多いです。沢とは山奥の細く急峻な流れの川を言い、沢登りはその名の通り、沢を伝って山に登る登山スタイルのこと。

今回は沢登りの魅力や方法をご紹介します!

沢登りの魅力

沢登りの一番の魅力は、真夏の暑い時期に、水を豪快に浴びながら登っていく爽快感。暑さなんて吹っ飛ぶ気持ちよさです!

1.景色を楽しむ

P8050001th_

広葉樹の明るい木々と沢のセットは素晴らしく美しく、歩くだけでもウットリです。皆で歩いて、きつくなればエメラルドグリーンの流れを見ながらボンヤリ休憩し、退屈すれば、少し刺激を求めて、滝壺で泳いだり、飛び込んでみたり。道中だけで十分に楽しめます。

P8050013th_ P8050042th_ motokoshi005th_

2.自分でルートを決められる

登山道から外れると自由そのものですね。地図とコンパス、高度計を見つつ、登るルートを選択するのは自分達です。自分で道を決められる自由さも沢登りの醍醐味です!

P8050005th_

3.オススメは1泊すること

日帰りもいいですが、沢の中で1泊するともっと楽しみが広がります。楽しみは何といっても焚き火でしょう。
焚き火のそばで夜を過ごす感覚、命の洗濯、原始の世界に戻るようです。これは体験した人にしかわからない感覚なので、ぜひ一度試してみてください!

takibith_

そして、そこらで釣ってきたイワナやアマゴを焚き火で焼いて食べる。最後は焚き火のそばでそのまま寝てしまう。ワイルドですね。でも焚き火そばでねると、翌日蚊やブヨによって、顔中ボコボコに刺されるケースがあるので要注意。虫さされを避けるなら夜はテントで寝るようにしましょう。

takibi2th_

焚き火で燃やすものは流木などだけにし、ゴミは持ち帰りましょう。いろいろな考え方がありますが、ゴミを燃やしたことが原因で、沢での焚き火禁止!!などなったら私達の遊びフィールドがなくなってしまいます。「自分の遊び場は自分で守る」ですね。

締めくくりはあまりの美しさに息をのむようなブルーウォーターを見て、

P8050031th_

下山口がこんな桃源郷のような場所だともういうことないですね!!

P8050055th_

日常生活の悩みなんて、吹っ飛びますよ。さてさて、こんな沢登り、どうやったら行けるのでしょう?
前提として、登山道もないし、川の増水での鉄砲水など、通常の登山よりもだいぶリスクがあります。このため、一人や、沢登りに行ったことがない人同士でのチャレンジは事故につながりますので止めましょう。

実際に沢登にチャレンジするには?

沢登り未経験者がチャレンジするには、以下2つの方法があります。

■ガイド山行の利用
■山岳会などに入って経験をつむ

初心者がいきなり見よう見まねで沢登りにチャレンジするのは危険が多すぎます。初めてのチャレンジの際には必ず、ガイドを利用したり、山岳会の人たちと一緒に登って経験を積んだりするようにしてください。また、沢登り用の道具も必要になるので、登山ショップで相談してみると良いかもしれません。「少し刺激的な川遊びがしたい!」という方は是非挑戦してみてくださいね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ



PAGE TOP