川遊びを安全に楽しむために「川の危険性」について知っておこう

2016年7月20日(更新日:2018年1月29日)
子どもと川遊び注意点

a1080_000080

真夏に突入し、川遊びの最も楽しい時期がやってきました。川遊びの本格シーズンになると、各地の川遊びスポットで楽しそうに水遊びをしている子供たちの風景をよく目にし、その微笑ましい無邪気さにこちらまで元気をもらえます。

その一方で同時に増えてしまうのが、川遊び中の事故です。

事故を予防し、楽しく安全に川遊びを行うために気をつけなければいけないことを確認しておきましょう。

 

川での危険な場所

study_chui

川底

自然の川ですから川底に何があるのかわかりません。岩や流木、瓶や缶など怪我につながる物も多く存在します。

安全のためにも足を守る靴は必ず履くようにしましょう。

また川底の危険は物だけではなく、急に足がつかなくなるほど深くなる「淵」にも要注意です。

流れが速くなっている場所

淵の手前や大きな岩などの障害物の影響で川の流れが急激に速くなっている場所があります。少しでも水流の変化を感じたら、それ以上近づかないようにしましょう。強い流れに足をとられてしまい流されてしまう危険性があります。

また、川の流れはその時の水量や地形で変化するので、常に一定ではないことを頭に入れておきましょう。

中州

ニュースなどでよく目にするのが中州での孤立事故です。上流は山など天気の変わりやすいところにあるので、急な豪雨やダムの放水などで増水してしまい一気に川の水位が上がることがあります。

流れが穏やかだからといって中州でのキャンプや睡眠等は避けるようにしましょう。

 

注意したい気候の変化

lgi01a201309020700

川遊びをする際は気候の変化にも注意が必要です。

雨による増水の影響で水の流れの強さが変化し、ついさっきまで入ることができていた場所でも足をとられ流されてしまう危険性があります。雨が降ってきたら一度川から上がり、安全を確保できる場所で様子をみるなどの対策をしましょう。

また、水が濁りだし落ち葉や流木などが流れてきたら上流ではそれ以上の雨が降っている可能性が高いので要注意です。

雨が降っているのに水かさが徐々に減ってきている場合や、山鳴りがする場合は土石流の前兆なので、ただちに安全な場所へ避難するようにしましょう。

注意したいポイント

  • 雨が降ってきた
  • 水が濁りだし落ち葉や流木などが流れてきた
  • 山鳴りがする
  • 雨が降っているのに水かさが徐々に減ってきた

川遊びを安全に楽しむために用意したい物

 

しっかりフィットする靴

怪我を防止するために履いておきたい靴。ブカブカしていて脱げやすいサンダルなどではなく足にしっかりフィットする靴を選びましょう。

川遊び専用のウォーターシューズがオススメです。

日焼け対策グッズ

日焼け止めクリームの他に、ラッシュガードなどの水中でも動きやすいウェアは日焼け対策に適しています。

またラッシュガードは川にある障害物から肌を守ってくれるので安全性にも優れています。

飲み物

水遊びをしていると一見汗をあまりかかないように思えますが、常に川の流れに逆らっていたりと、相当な体力を使うので、かなり汗をかいています。川遊びをしていると、楽しくてついつい忘れがちになる水分補給ですが、脱水症状や熱中症予防のためにも、こまめに水分を摂るようにしましょう。

虫よけスプレー

川は森や草むらなどの近くにあるので、虫刺され対策も大切です。虫よけスプレーなどの対策グッズでしっかり防ぎましょう。

ライフジャケット

流れが緩やかで比較的浅い川場での遊びならいいのですが、深さが膝上や腰までといったところではライフジャケットを着用するようにしましょう。急流に足をとられてバランスを崩してしまったら大人でも流されてしまいます。

川は海と違い浮かないので、万が一の時ライフジャケットを着ていたか着ていなかったかで大きく変わってしまうこともあり得ます。

ゴーグル

ゴーグルがあると潜って遊ぶ際、視界も良くなり便利です。

また、目の保護にもなりますので、泳いだり潜って遊ぶ際はゴーグル装着をオススメします。

 

まとめ

こんな状況になったら気をつけよう!

  • 川底は状況が把握しづらく怪我につながる物が多い。怪我防止のためシューズを必ず履く
  • 急に足がつかないほど深くなる場所もあるので、川底の変化に注意する
  • 川は複雑に流れが変化しているので、少し流れに変化を感じたら進まないように気をつける
  • 川は水位や流れの変化が起こりやすいので、中州でのキャンプや睡眠は避ける
  • 雨が降ってきたら川から上がり安全確認を
  • 雨が降っているのに水位のが下がってきたら、土石流の前兆なのでただちに安全な場所へ避難する
  • ブカブカするサンダルなどではなく、しっかり足にフィットする靴を選ぶ
  • ラッシュガードは日焼け対策の他に、肌を守ってくれる役割もあるので川遊びに適している
  • 川遊びは体力を多く消費するため、脱水症状や熱中症を防ぐために、こまめに水分補給をする

 

DSC04016

プールなどの比較的安全性の高い場所とはまた違った楽しみがある川遊び。

魚などの川辺の生物を見つけたり流れに乗って泳いだりと、大自然ならではの楽しみ方ができる素晴らしい場所です。

楽しく、そして安全に遊ぶためにも、裏側にある自然故の危険性をしっかり把握し頭に入れておきましょう。

 

Takahiro.s

持ち物の詳細はこちらへ↓↓↓↓↓↓↓↓

川遊びの持ち物とは?必須アイテムとプロが選ぶグッズ

スポンサードリンク




PAGE TOP