川遊びの服装 子どもを川の事故から守る! ライフジャケット

2014年6月30日(更新日:2018年1月24日)
アイテムウェア子どもと川遊び川遊びのギモン注意点

絶対に安心安全な川遊びなど無い

川遊びにライフジャケット?と思う人が多いかもしれません。しかし、川遊びは自然の中で遊ぶものですから、絶対に安心安全ということはありません。ですから、楽しく遊ぶためには、あらかじめ危険を知って、予防する自己責任が大前提となります。

毎年、子どもが犠牲となる川での事故がニュースとなり心が痛みます。しかし、その多くが「ライフジャケット」(救命胴衣)を着用していれば防げたはずとも言われています。

川はプールと違って、流れ、水深、水温も不規則で、急変することも多々あります。障害物も多い。危険をはらんでいる場所なのだと強く意識しましょう。
またライフジャケットは安全面だけでなく、浮き輪代わりに楽しむこともできるとても便利なウェアでもあります。

ライフジャケットは事故予防の第一歩

ライフジャケットは体を浮かせる浮力があり、もしもの時に水中に沈むことを防いでくれます。体が浮くことでパニックを軽減させられます。子どもにライフジャケットを着用させるのは、親の義務です。子どもと川遊びをするならライフジャケットを必ず着用させましょう。値段も高くありません。

ライフジャケットは派手なものを選ぶ

店頭で売られているライフジャケットを見ると、流行りの迷彩柄などのものをよく見かけますが、それは選んではいけません。事故の時はその子どもを素早く視認できることが何よりも大切。迷彩柄ではその用途通り、発見しにくいです。ですから、思い切りカラフルな目に付きやすいものを選びましょう。

安いものだと2000円以内で買える!

ライフジャケットは意外と手頃な価格で購入ができます。例えば大人用のこのライフジャケットは約2500円で購入できます。

子供用はもっと安い!

ライフジャケットは正しく着用しましょう

ライフジャケットを買っても、正しく着用しないと意味がありません。体の前面にジッパーがあり、側面には余り分を絞るベルト、前面から背面に伸びる股下のベルトがあります。着用を子どもに任せると、股下のベルトを忘れがちです。この股下ベルトはライフジャケットが頭からすっぽ抜けるのを防止する非常に重要な役割を持っています。必ず正しく装着しましょう。

川流れを楽しむ

子どもに着用を強いるのではなく、楽しいアイテムだから着よう!と働きかけるのも重要でしょう。事実、浮き輪のように浮くので、子どもにとっては楽しいはずです。ライフジャケットをつけて川の流れにそって流されてみる「川流れ」という遊びがあります。ぷかぷか川に浮いているだけでも、十分に楽しいです。

危険を知って、予防して、無理をしない。

事故を防ぐにはこれしかありません。

スポンサードリンク




PAGE TOP