Q, 川で釣りをするにはお金がいるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

A, 遊漁料が必要な川もあります

漁業権を免許されている漁協がある川で、漁業の対象魚種を釣る場合には、漁協の定める遊漁規則に則って遊漁料を支払って遊漁券(遊漁承認証)を得る必要があります。購入した遊漁権は監視員から見やすいところに付けて携行しましょう。

遊漁規則には、遊漁料、遊漁承認証、遊漁期間等が定められていますので、釣りをする場合はその川の遊漁規則について必ず確認しましょう。管轄漁協か水産課に問い合わせると確実です。

遊漁券を持たずに釣りをすると、いわゆる密漁者として漁協現場監視員の指摘を受けて現場徴収の対象となります。

漁業権漁業法に従って都道府県知事によって免許されるもので、一定の水面において特定の漁業を一定期間排他的に営む権利と規定されています。

但し、漁業権は漁業を営む権利であり、水面や生息する魚介類を占有、独占する権利ではないことは覚えておきましょう。

また、漁業権対象魚種以外の魚を釣る場合は遊漁料を支払う必要はありません。遊漁料は、漁業権対象魚種の増殖及び漁場の管理に係る費用として妥当な額が設定されているためです。

遊漁券は、地元漁協の委託する店舗や個人宅で購入できますが、購入場所に迷ったり、営業時間が釣り人の活動時間と合わないという煩雑さがあるため、最近はインターネットサービスでも購入出来る漁協も増えています。

遊漁券オンライン販売サービス「つりチケ」http://www.tsuritickets.com

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ



PAGE TOP