2018年渓流釣り解禁 遊漁券はつりチケで忘れずに!

2018年2月28日(更新日:2018年2月28日)
イベントテンカラ川遊びのギモン釣り

3月1日は多くの漁協で、待ちに待った渓流釣りの解禁日!!!! バンザイ!!

けれどあまり渓流釣りに馴染みのない人には何がそんなにめでたいの? と思われるかもしれませんね。そこでごく簡単に渓流釣りについておさらいし、遊漁券オンライン販売サービス「つりチケ」を使ってパソコンやスマホから超簡単に遊漁券を購入できる漁協を紹介します。

何を釣るの?

渓流釣りの対象となるのは、イワナ、アマゴ、ヤマメなどのサケ科に属する魚です。

体長25センチ前後で、体色や模様がとても美しいのです。

下流に比べて釣れる魚種はうんと少ないのに、渓流魚を狙い続ける釣り人が多い理由の一つです。

確かに、美しい谷間でこんな魚が釣り上がったら嘆声漏れてしまいますよね。

どこで釣る?

渓流釣りは川の上流部、特に源流部に近い流れの速い谷川で釣りをします。

両岸から木々が覆い、流れが早く、大きな岩がゴロゴロしている谷川がポイントになります。

一箇所でじっと釣り続けるというよりは、良いポイントを探して釣り上がっていくことが多いです。

その為、かなりアクティブな釣りと言えるでしょう。

沢登りや登山と合わせて釣りをする、というジャンルもあるほどです。

どうやって釣る?

両岸から木々が覆い、水温も低いために水中には餌となる生き物が少ないのが源流部。

魚たちは主に水面に落ちてくる陸上昆虫などを捕食しています。

その生態を利用して毛鉤などの疑似餌を使ったテンカラ、フライフィッシングが盛んです。もちろん、ルアー釣りやエサ釣りもあります。

 

渓流釣り解禁とは?

多くの漁協や都道府県の規則で10月1日から2月末までを渓流魚の禁漁期間に設定しています。

その期間が対象魚の繁殖期間である為、乱獲による資源枯渇を防ぐ為です。

渓流釣りファンは冬季は釣りができないので、禁漁期間中は道具を手入れしたり、毛鉤を巻いたり、漁協券対象魚種ではないニジマスなどを釣ったりして解禁を待っているのです。

ですから、解禁日はめでたいのです。

遊漁券は必須 「つりチケ」でオンライン購入可能

ほとんどの川には漁業権を免許されている漁協が存在します。

そこで漁業権の対象魚種を釣る場合には、漁協の定める遊漁規則に則って遊漁料を支払って遊漁券を得る必要があります。

遊漁券は、地元漁協の委託する店舗や個人宅で購入できますが、購入場所に迷ったり、営業時間が釣り人の活動時間と合わないという煩雑さがあります。

そこで、最近はインターネットサービスなどオンラインで遊漁券を購入したいニーズが高まっています。

※イメージ

そこで登場したのが、遊漁券オンライン販売サービス「つりチケ」

登録漁協の遊漁券がインターネット上、アプリでいつでもどこでもオンライン購入が可能です。

事前に購入して用意しておけば、目当ての川に着いたらすぐに釣りが楽しめます。これは画期的。

つりチケ登録漁協 3月中に渓流釣り解禁する漁協

下記の漁協は3月中に渓流釣りを解禁する漁協。つりチケに登録しており、超簡単に遊漁券が購入可能です。

もちろん、2月に先駆けて解禁した漁協も登録中。

遊漁券はサクサク買って、思いっきり釣りを楽しみたいですよね。

ぜひ、つりチケを活用して渓流釣りを楽しんでください。
(※2018年2月28日現在 ※敬称略)

スポンサードリンク




PAGE TOP