【川遊びマップメンバー紹介】2回目 伊藤梨生さん

2014年7月24日
トピックス

2回目は、マーケティング担当の伊藤梨生さんです。 皆からは「りおさん」と呼ばれています。
前回紹介頂いた ClearWaterProject代表理事の瀬川よりお届けします。
10300224_10202926741906789_1204071176618326922_n
写真、かっこいいですね。 非常にアウトドアな感じの写真ですが、本人曰くインドア派です。

最初の出会いはMashup Award#9 という日本最大級のWebアプリケーション開発コンテストで、 私がWIREDイベントの「オープンガヴァメント」で、MA#9のシビックテック賞でプレゼンした時のイベントスタッフ。 その後しばらくしてCWPにお誘いする機会あり、巻き込んで今にいたります。

りおさんは色々トンガッてます

梨生さんはレッドブルが大好きで、ふと気づくとレッドブルを飲んでいます。 本人曰く「レッドブルの缶の蓋の部分だけでも可愛くてテンションが上がる」とのこと。
Decoration_EOE_Can_Top_Red_Bull

 

レッドブルに頼るだけあり、よく夜中2時3時にメッセージ入っています。
そういう日に限り朝も7時前にメール入っていたりして、いつ寝ているんだ、と。。
本人曰く、「企画は頭の回転と共に妄想と記憶の混濁も合わせて新しい企画になる」のだそうで、なるほど!!とちょっと納得しそうになりました。この納得感もりおさんのすごさですね。

過去にはスマトラ島等海外に野生動物保護に出ていた時期もあり、スマトラサイ?に追い掛け回された武勇伝も聞いたことがあります。
120fiuhd
写真はサイではなくカバで、りおさんではなくどこぞのアフリカ人ですが、こんな感じだったんですかね(笑)

名駅TEDのイベントスタッフしたり、シリコンバレーのgoogle、facebook内のディスカッション参加しに行ったり、自身で製品企画していたり。レッドブルの雄牛並に止まらない行動派です。(♀ですが)

マーケティングディレクターとして大活躍中!!

さて、そんなりおさんの役目は、川遊びマップの事業企画・マーケティングディレクター。
(個人的には、CWPの取り組む事業や対象は マーケット=市場 ではないため、他適切な言葉にしたいのですが、職務的にはこれ以上に良い言葉が見つかりません。。)
どうやったらたくさんの人に使ってもらえるか、そのためにはどのようなPRして、どのようなサービスにしないといけないか、これを日々考え、方向性示しながら決めていくことです。
これは非常に難しくて、貴重な能力です。 (少なくとも私には)

『川遊びマップ』では、りおさんが川遊びしない自称インドア派の自身をペルソナモデルとして(ペルソナマーケティングのわかりやすい参考)そんな自分にどうやったら使ってもらえるか、を視点に色々判断しているみたいですが、例えば、この人ならアプリダウンロード手順こんなのじゃ使ってくれない、パンフレットは表紙部分で楽しさPRするために遊び道具入れて、広告効果測るためにターゲットユーザーが見てくれる○○出版にこの金額で広告だして、等など適時手配、ツッコミしていきます。
昨日もこんな感じで議論を引っ張っていました。
写真 1

 

ちなみに8/2のCHIE’s KITCHIN with 川遊びマップ もりおさんが引っ張ってきた企画です。

事業を上手くいかせるためにユーザー視点で準備・手配・意見する何でも屋ですね。
何でも屋なんですけど、言っている内容に説得力がなければ他の人もその方針でモノを作っていかないわけで、非常に高いコミュニケーション力(説得力や勢い、ロジカル色々含む)が必要なわけです。
もともとのCWPメンバーはかなりシステム・業務寄りだったため、一般ユーザー視点で、自信持ってこれだ!と作業にまで落とし込める人はいなかったため、非常にありがたい!!
(CWPメンバー全員、それぞれが他に無い技能持っているので、どの人も貴重ですけどね^^)

こんな感じで仕事もプライベートもテンションを上げてくれるデキるおねーさんです。
まだまだ頼りにしています!!

スポンサードリンク


お知らせ



PAGE TOP