プロも使う最新アクションカメラをお手軽に使おう! カメラレンタル体験記

2017年7月14日
アイテム<PR>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、編集部の西山です!

全国の川遊びフリークのみなさん! 川遊び、足りてますか? 夏本番までもう少し。そろそろ今夏の川遊び計画が進んでいる頃ではないでしょうか。今回は川遊びシーンで大活躍間違いなしのガジェットとお手軽な利用方法をRentio(レンティオ)さん提供の元でご紹介します。

映画撮影にも使われるアクションカメラ「GoPro」

今回紹介するのはアメリカ発のアクションカメラ「GoPro」(ゴープロ)

元々はサーフィン撮影のために開発されたものですが、現在はバラエティ番組や映画などにも使われている大ヒット商品です。InstagramやTwitterでハッシュタグ「#gopro」の写真がたくさんアップされているのでご存じの方も多いでしょう。

ですが、欲しい!と思っても最新モデルのGoPro HERO5 Blackはメーカー直販価格で53,000円。とりあえず買ってみるには勇気がいりますよね…。

しかし、GoProを気軽に使えるレンタルサービスがあるんです。編集部ではRentioを使って川遊びに行ってきました!今回レンタルしたのはもちろん最新モデルのGoPro HERO5 Black本体一式と、自撮りに便利なエクステンションアームのセットです。

早速オフィスでアームに取り付けて試し撮りをしてみます。

自撮り棒にも、簡易三脚にもなるアーム。これをつけたGoProで試し撮りをした写真がこちら。

とても広い範囲が撮れてますね。

#gopro #インスタ映え #フォトジェニック #川遊び #始まる

今回行ったのは滋賀県神崎川。GoPro使用経験のあるモリさんに同行していただき、インスタ映えする撮り方をレクチャーしてもらいました。モデルは編集部の小林とモリさんです。

まずはスマホの写真。ズームせずそのまま撮りました。つづいてGoProとアームで撮影したのがこちら。

GoProのほうが、スマホよりも広く遠くまで撮れていますね。人を撮るだけならスマホでもじゅうぶんかもしれませんがキレイな風景をおさめるにはやはり専用機が強いです!

さらに別のアングルからの写真です。まずはスマホ。

つづいてGoPro。

これらの写真ですが、逆光を補正してはいますがほぼ撮影したままの状態です。奥行きも広さも全然違いますね。

カンタンに水中撮影。魚とたわむれる写真も

アクションカメラの醍醐味のひとつが水中撮影です。GoPro HERO5 BLACKは水深10mまでの防水機能がついています。 またをレンタルすると付属品として専用防水ハウジング Super Suit(カメラカバー)がついてきます。こちらの付属品のカメラカバーは購入すると6000円くらいするのですがレンタルだと追加料金は不要。防水の観点だけではなく、川遊びのシーンだとカメラ自体が石などに当たってしまう可能性があるのでこちらのカメラカバーを常につけておくことをオススメします

ちなみにカメラカバーを付けることで安心してこのように川の中も撮影できます。(後日別メンバーが撮影してきました)

今回初めてGoProを使った編集部小林は「スマホだと水没を恐れて水際で撮影することができなかった。GoProだと水際どころか水の中も撮影できるし、広角なのでスマホで撮影したものよりも景色もきれい!帰りの車の中では自然と鑑賞会が始まってました。」と満足した様子。

どうやってレンタル? 返却ってめんどくさい?

さて、操作方法や実際の写真を見たところでレンタルの流れをご紹介したいと思います。今回利用したRentio(レンティオ)さんのサービスではGoProやのその他のカメラ、家電製品をレンタルすることが可能です。

≫Rentioでカメラをレンタルしてみる≪

レンタルしたいカメラが決まったら、次に期間と使用開始日を指定します。レンタル期間は3泊4日から15泊16日までと長期の利用が可能です。申し込み後、使用開始日(1日目)にこんな形で送られてきます。

レンタルしたカメラ、ガイド、チェックシート、送り状などがセットになっています。

返却はとってもカンタン。同封されているチェックシートにしたがって一式を箱に入れ、送り状を貼ってコンビニから送るだけ(※1)。送料は無料で、レンタル代金以外の費用はかからないのが嬉しいですね。使ってみて気に入った商品は、手続きをすればそのまま購入(※2)できるものもあります。購入を考えているカメラの「おためし」利用をしてもよさそうですね。

※1対応していないコンビニもあります ※2商品により異なります

使い方は無限大!BBQやキャンプでも大活躍

今回は川遊びでの使用例を紹介しましたが、いかがでしたか? GoProは釣りや沢登りなど、激しい動きをともなうアクティビティはもちろん、のんびりまったりしたBBQやキャンプでも活用できます。繰り返し紹介した、広角撮影機能はたくさんの人を撮る時にとても役立ちます。

≫Rentioでカメラをレンタルしてみる≪

アームなどのアクセサリや、専用アプリを組み合わせて、プロ顔負けの #インスタ映え する写真や映像を撮ることだってできるかも?今年の夏はお手軽なレンタルを活用して、思い出をたくさん残しましょう!

川遊びマップ編集部 西山

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ



PAGE TOP