沢登り × テンカラ × 泳ぐ in 赤坂谷


こんにちは。スタッフ 田中です。
DENSO様の支援を受けて、大人目線での川遊び新聞を作ることになり、取材のために源流へと行ってきたのです。

なんで、川遊び新聞をDENSO様が支援?

不思議に思いますよね(^^

遊びだし、車は関係ないし。

僕も不思議です・・・ じゃないか(^^;

ClearWaterProject(CWP)は、未来の子供達に美しい水辺を残すために事業をおこなっています。

簡単に言うと「川を中心とした環境の保全がミッション」と言ってもよいわけですが、過去環境保全と言うと、

  • ・数10年前は泳げていた川が泳げなくなった
  • ・このままではxxなどの生物が絶滅してしまう

といった具合に、「このままではまずい!」と危機意識に訴えるケースが多いですよね。

 

でも、過去を見てもわかるように、これでは一部の学者であるとか、とても意識の高い人達にしか響かず、一般の方々にはなかなか届きにくいと思います。

切り口を変えて「まずは川って楽しい!」という遊びから入ると、多くの方々に届く可能性があります。川遊びマップなどもこの論理で作っています。

自分を考えても、川の楽しさや川がもたらしてくれる恩恵を知っているからこそ、その楽しい/豊かな環境を守りたいと考え、CWPで働いています。

 環境保全、環境保全というのではなく、まずは楽しいから入りましょう

という考えをDENSO様の担当者の方が共感してくださり、今回の新聞を作ることになりました。

沢登り × テンカラ

テンカラってとても簡単な道具で出来るんで、いろんな遊びと組み合わせれて面白いです。

僕は昔から沢登りはやっていましたが、ガサガサを知りテンカラを知り、生物に興味を持つことで2倍以上楽しめるようになった気がします。

では、簡単に取材の様子を。

まずは林道歩き、とても暑くて「泳ぐぞー」という気分が高まります。
まずは林道歩き、とても暑くて「泳ぐぞー」という気分が高まります。

 

沢におりたった後に現れる堰堤、この日は前日の雨で増水しており、なかなかの迫力。
沢におりたった後に現れる堰堤、この日は前日の雨で増水しており、なかなかの迫力。

 

bandicam 2015-06-18 20-57-17-735

 

早く本流を歩き飛ばして、源流行かなければいけないのに、つい泳いでしまう(^^
早く本流を歩き飛ばして、源流行かなければいけないのに、つい泳いでしまう(^^

 

一緒に行った匠さん、嬉しそうだけど、アマゴいた?
一緒に行った匠さん、嬉しそうだけど、アマゴいた?

 

写真上部の谷が目的です。ここから源流を目指します。
写真上部の谷が目的です。ここから源流を目指します。

 

 

 

赤坂谷に入ると、沢登りらしくなってきます。
赤坂谷に入ると、沢登りらしくなってきます。

 

bandicam 2015-06-18 20-58-57-670

 

bandicam 2015-06-18 20-59-15-953

 

大きな釜や淵を見つけるとテンカラ。
大きな釜や淵を見つけるとテンカラ。

 

また登る。
また登る。

 

bandicam 2015-06-18 20-59-43-738

 

bandicam 2015-06-18 21-01-06-217

 

少し潜ると、水の中はこんな感じです。
少し潜ると、水の中はこんな感じです。

 

安全第一。あやしい所はちゃんとザイル出します。
安全第一。あやしい所はちゃんとザイル出します。

 

釜を泳いで突っ込みましょう。
釜を泳いで突っ込みましょう。

 

ここは実際にはザイル必要なかったです(^^;
ここは実際にはザイル必要なかったです(^^;

 

またいい淵ですね!
またいい淵ですね!

 

エサもいらず、竿、ライン、ハリス、毛バリ、以上! 素晴らしいコンパクトさ、テンカラ。
エサもいらず、竿、ライン、ハリス、毛バリ、以上!
素晴らしいコンパクトさ、テンカラ。

 

bandicam 2015-06-18 21-00-07-640

 

あれ、でも釣れないなー。もしかしてイワナやアマゴいない?
あれ、でも釣れないなー。もしかしてイワナやアマゴいない?

 

そんなときは文句を言う前に潜ってたしかめましょう。
そんなときは文句を言う前に潜ってたしかめましょう。

 

いるいる。
いるいる。

 

こっちにもいる。自分が下手なだけか!! 写真には撮れなかったけど、大きいのもいたようです(匠さん談)。
こっちにもいる。自分が下手なだけか!!
写真には撮れなかったけど、大きいのもいました。

 

最後は源流でもガサガサ。笑 これはこれでとても楽しいのです。
最後は源流でもガサガサ。笑
これはこれでとても楽しいのです。

 

かわいいタカハヤも頑張って源流で生きていました。
かわいいタカハヤも頑張って源流で生きていました。

 

大きな魚は次の取材機会にお預けして、登っている写真やテンカラしてる写真をたくさん撮れたのでよしとしましょう!

 

ところで、2016年7月から京都、愛知、群馬の漁協で遊漁券がネットで超簡単に買える『つりチケ』がリリースされたの、知ってました?
これで、朝早く行って店が開いていなかったり、販売所に寄る時間が余分にかかってやきもきすることもなくなり、釣りに時間一杯使えますね。
tsuri-tickets_banner_250_250
販売してほしい漁協も随時リクエスト受け付けていますので、どしどしご連絡ください。
その声を漁協に届けます。

スポンサードリンク


お知らせ



PAGE TOP